FC2ブログ
預かり96日目。恋太郎、明日幸せの巣立ち。
2015年11月13日 (金) | 編集 |
恋太郎

明日預かりっ子卒業です。







今日、体重を計ると

3.4kgになっていました。



大きくなりましたね(*^^*)








保護された時

※チーム命の輪さんから、写真は拝借。



脚を切られながらも

お外で頑張って生きていました。



どれだけの痛い苦しい思いをして

生きていたんだろう…



こんな小さな身体で、

傷口を舐めながら懸命に生きていた

恋太郎







※チーム命の輪さんから、写真は拝借。


懸命に生きていたからこそ、

こうして保護されました。


保護して貰って本当に良かった。










そしてこのひと月後、

1.1kgの時に我が家へ移動。







野良猫の子供で

ビビリでシャーシャー。


手は出ないものの、

とにかく身体を硬直させて

すごい顔でこっちを見る、恋太郎




でも抱っこしている時は

とっても甘えん坊。



甘えたいけど甘えて良いのか…

人間を信じて大丈夫なのか…

毎日葛藤していたんだろうね。










慣れることが出来れば

きっとベタ甘ちゃんになるな。


とは思いつつも、

あまりのビビリ方に

これはちょっと無理かもしれない…


と、何度も頭をよぎりました。








でも、

2ヶ月かかりましたが

恋太郎

人間を好きになってくれたのです。



信じてくれて、ありがとう。

恋太郎











脚の怪我がなかなか塞がらなかったり、

包帯の巻き過ぎで皮膚が負けたり、

コクシジウムがでたりと、

色々あったよね。



特に脚の怪我では

塞がるまでにたくさん出血。



傷口が擦れて

痛くて飛び上がる事もあったね。



上手にケア出来なくて、

あの時はごめんね、恋太郎




嫌な包帯を巻かれて何とか外そうと、

私と毎日知恵比べしていたよね。












恋太郎も私もなかなか大変だったけど、

いつもどんな時でも恋太郎は良い子で、

健気に頑張っている姿を見ると、

私たち人間がたくさん勇気を貰ったよ。




勇気をくれて

ありがとう、恋太郎









旦那が恋太郎に、

『おまえ、一生懸命生きているなぁ。』

っていつも話しかけていました。



『脚ちぎれても頑張って生きて、

スゴイなおまえ。強いな。』

って言っていました。




本当にすごいよ、恋太郎







上下関係をしっかり分かっている

恋太郎なので、

きっと里親様のお家でも大丈夫。



我が家の猫達に甘えたように

先住猫さんに上手に甘えて

家族にして貰いなよ。

たくさん可愛がって貰いなよ。



痛い思いは一生分したんだから、

あとは幸せな事と楽しい事だけだよ。






今日の恋太郎






一生懸命に生きる、

脚のハンデをものともしない、

強い男の子。



それが、恋太郎です。








恋太郎、大好きです。


今も大好きだし、

これからもずっと大好きだ。



恋太郎に出会えて良かった。



こうして元気に送り出せること、

預かりさんとして、

最高に幸せです(*^^*)






恋太郎を応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました。


恋太郎

これから本当の家族と幸せになります!










lin_nbk3.gif

【預かり96日目】

恋太郎(茶トラ)♂・・・3.4kg

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

恋太郎、幸せになります。