FC2ブログ
切断された脚のケア覚書と、怪我の経過。
2015年08月21日 (金) | 編集 |
※切断された脚の断面の写真多数あり。
苦手な方は注意して下さい。





恋太郎の切断された脚のケガについて。





今日までの経過観察。



何か良い情報があれば

ぜひ教えて下さい。







8月10日






8月13日
ケージで暴れて出血。




患部を乾燥させる。




8月17日
乾燥してカサブタになる。





包帯を巻く。



ゆるくてすぐとれる。

中で出血。






8月20日
医療関係の知人に、
患部は乾燥させない方が良いと聞き、
ワセリン+ラップでケガを覆い保湿。
患部は水洗いのみ。薬は付けない。

患部にワセリンをぬって、ラップを小さく切って貼り付け。





その上からウオノメパット付き靴下を履かせる。

※靴下と呼んでいるものは、人間用の指キャップ





くっつく包帯で固定。包帯は毎回使い捨て。






だいぶ慣れてきたが、一度気になり出すと外そうと必死。






8月21日

カサブタがキレイにとれた。



昨日から和室でフリーにする時間を

1時間ほどとっています。


昨日は包帯が上手に巻けていたようで

暴れて走り回っても出血しませんでしたが、

今日は包帯がずれてしまって出血…




私も包帯の巻き方を

もっと練習しなくてはいけないです。




フローリングだと包帯の脚が滑りますが

畳の部屋なら大丈夫です。





ケガの部分、

願わくば、

キレイで丈夫な皮が張り、

4本脚で走っても出血せず

日常生活をおくれたら…











とはいえ、

出血すると痛そうですが、

日常生活はなんら支障はないです。



高いところは登るし、

走るし、

トイレも普通に行きます。


身体は比較的丈夫そうです。


一度、水下痢をしましたが

次のうんにょではほぼ普通に戻るという

驚異的な回復力(笑)




きっと脚が切断された時も

激痛に耐えて、自分の力で

ここまで治したのだと思います。



やるなぁ、恋太郎…(T_T)







ここから先は人間が少しがんばって、

回復を進めてやりたいと思っています。







恋太郎の脚が

ハンデではなく、

チャームポイントになる日を目指して!






恋太郎

ビビリンボでお膝好きの、

ただただ可愛い

茶トラの男の子です(*^^*)



lin_nbk3.gif

【預かり13日目】

鮎太郎(黒)♂・・・1.4kg
恋太郎(茶トラ)♂・・・1.2kg




にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

いつも応援クリックのポチ、ありがとうございます。
ほ、包帯?そ、そんなの付いてないよ(¬_¬;)


スポンサーサイト